派遣社員から契約社員へ

今の会社に派遣で働き始めてもうすぐ丸6年。そろそろ先のことを考えなければならない時期で、独立も含めて考えていた折も折、契約社員へ切り替える旨の打診がありました。

いわゆる「打診」とはちょっと違うけど、打診と捉えて差し支えないだろうと考えています。雇入れ条件もまだ聞いていないのだけれど、今の時点では独立してやっていけるだけの力はまだないので、このありがたいお話を受け入れるつもりです。

派遣で働くメリット

そもそも私が派遣で働き始めたのは、義務とか責任とかいうものを気にせず、前後左右・現在過去未来を考えずに割り切って働きたかったから。

過去の職場で、派遣だけど社員とほぼ同じ仕事をしていたことがあり、社員の無能さと責任感のなさからストレスで心と体のバランスを崩してしまったことがありました。

今の職場は、社員に混じって一緒に働くにもかかわらず、社員の仕事と派遣の仕事の間にハッキリと区別があって重なることがなく、社員が派遣を見下すようなこともないので、とても居心地が良いです。大手のメーカーの社員はやっぱり違う!(後日、そのような派遣の立場は、会社全体ではなくウチの部門だけであるということを知ることになってガッカリすることになるのだけれど。)

与えられた仕事に責任を持って取り組むことは社会人として当たり前のことだけど、それさえキッチリしていれば、他の人の仕事の尻拭いをする必要もなく、他の人に迷惑をかけることもない仕事をさせていただけるのは、私にとって派遣で働く大きなメリットでした。

また、私の学歴や社会人経験では絶対に就職することができないような大手のメーカーで働けるのも派遣の大きなメリット。
いわゆる偏差値の高い、入るのが難しい大学・大学院を卒業した理系の人たちがゴロゴロいて、その発想や仕事の取り組み方など勉強になることが多いです。頭の回転の速さや理解力の速さにも驚かされます。私とは大違い(笑)。

逆に、日本トップクラスの大学を出ているのに「これ?」という残念な人も・・・。意外とそういう大学出身の人より、地方の国公立大学や中堅私立大学出身の人の方が優秀だったりしておもしろいですねー。

以前の職場とは別の派遣会社の紹介で決まった仕事ですが、派遣会社には過去の経験も含めて話してあったので、ちょうどピッタリな仕事を紹介してもらえました。自分で探すより派遣会社に紹介していただく仕事の方がうまくいくのかもしれません。

広告

転機になったのは?

今からちょうど3年前、同じ部署の社員が転勤になり、誰も補充されないということでその穴埋めに私が入ることになりました。

社員と同じ仕事をするというのは、ありがたい評価をしていただいた一方で前職と同じようなことになる恐れもあり、私にはリスクのある話でしたが、それまでの派遣会社の対応が万全だったので何かあってもフォローしていただけるという安心感もあり、やってみることにしました。

これが結果的には好転機となり、今に至ります。

スポンサーリンク
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大