「ExcelVBAを実務で使い倒す技術」は私に勇気をくれる1冊だった。

ExcelVBAをマスターしたいと思ってからもう何年経つだろうか・・・。周囲にExcelVBAを使いこなしている人がおらず、いつまで経っても初級者、いや入門者の域を脱することができない私。

VBAを使いこなせたらかなりラクになるだろうなぁ。
ラクになるだけじゃなくて便利になるだろうと思う。そして私だけじゃなく周囲の人も。

私にとってExcelはなくてはならないものだけど、Excelを使うことそのものが仕事ではなくて、あくまでツール。Excelに向き合っている時間は少ない方がよくて、VBAが使えないと話にならないんですよね。

そんな中、よく勉強させてもらっているサイト「いつも隣にITのお仕事」を運営されているタカハシノリアキさんが本を出されたということで、早速購入しました。

今まで、参考書やWebで調べたり、ワンポイント講座みたいなのを受講したりもして少しずつ独学で勉強して来たけれど、やっぱり独学だとプログラムの組み立て方みたいなこととかコツとかキモみたいなことがわからなくて、スムーズに進まない。

例えば「リストの最終行の数を取得するには?」みたいなVBAの直接的なテクニックは、Webとか参考書を探せばいっぱい情報があります。

でも、「モジュールの最後の方に出てくる変数だけど、変数の宣言は一番初めにまとめるべきなのかなぁ」とか、「検索して出てくるサンプルプログラムの変数名って何か命名の法則みたいなのがあるみたいに見えるけど、何かあるのかな」みたいな、どんなプログラムにも共通する常識みたいなことってなかなか調べるのが難しい。

この本は、そういうちょっとしたコツとかヒントみたいなところを教えてくれる本です。

今の私はまだ「動けばいい」レベルに近いプログラムしか書けないけれど、今の私の周りにはExcelVBAを使いこなせる人はいないので、業務用に作ったVBAのプログラムをメンテナンスするのはおそらく今後もずっと私。

となると、後々のメンテナンス性を考えれば、読みやすくて何がどうなっているかわかりやすいプログラムを書く方がいいに決まっています。私以外の誰かがメンテナンスすることになってもそれは同じこと。

なので、プログラミング習得のわりと早い段階で、そのコツのような部分を知っておくことが結構大事なんじゃないかという気がしています。

この本のおかげで、私のスキルは随分アップしたように感じます。
まぁ実際にはそれほどアップしたわけじゃないと思うけど(汗)、例えば、コーディング画面の文字フォントや背景色を変更しただけでもプログラミングの進み具合がぜんぜん違う気がするし、この本で覚えた「イミディエイトウィンドウ」や「ローカルウィンドウ」のおかげで、エラーが出た時の対処時間も短くなりました。

VBA習得をがんばろうと思ったのは業務効率化のためだけど、VBAと闘う時間が長ければ長いほど本末転倒で何度も挫折しそうになりました。でもこの本を読んで、VBA習得は業務効率化に必ず結びつくという確信を得られた気がします。

私に、このまま引き続きVBAを勉強する勇気をくれた1冊です。

スポンサーリンク
レクタングル大