2017年の手帳は「EDiT」に決定!

先日、2017年のプライベート用の手帳をどうしようか悩み中、という記事を書きました。

結果、これに決めました。
EDiT:http://www.edit-marks.jp

カバーは240円なりσ(^_^;)

新書サイズのカバーがピッタリでした。




東急ハンズ
の実店舗へ見に行ってその場で購入しました。候補にしていたものの中には置いてないものもありましたが、それはもう縁がなかったということで今年の候補からは却下することに。

EDiTを選んだ理由

直感、と言ってしまうとそれまでだけど、理屈ではなく感覚的な理由というのが一番しっくりくる感じ。強いていうならフォントやフォントサイズ、色、などの要素があまり主張せずおとなしめなのがよかったかな。あと値段も大きいかも。一番安かった。カバー付きもあって迷ったけど、まぁいらないかと思って代わりに普通の汎用的な新書用ブックカバーを買いました。

プレゼントもあわせて記録しておくのもいいかも。

1年間のビジョンとか計画、毎月のプランニングなんかを書くページが用意されていて、けっこう良さそうなんですよね。
年間のページには、大事な記念日や友達や大切な人の誕生日、入学祝いや卒業祝いなどを忘れないように書いておくのに良さそう、と思っています。
あとから見返したときに、誰の何のお祝いで何をプレゼントをしたか、などの資料にもなりますね。お年玉をいくらあげたか、とか(笑)


月間ページにもプランニングページがあります。ここは何に使おうかしら・・・。もう少し考えよう。

不満な点があるとすれば、月間予定は2016年の11月からあるのだけど、日々のページが1月1日からなんですよね。1日ページを使うための助走期間がないという感覚。
まぁでも、1月1日から助走すると考えればいいし、不満というほどのことでもないですね。

少しでも成長するために

「夢」とか「希望」とか「目標」とかいうと、なんかこう、カッコつけてるような肩に力が入った感じがしてあまり好きではないのだけど、ちょっとした「こうしたい」「こうなりたい」を記録しておくぐらいから始めればいいのかなと思ったりしています。
本気で叶えようと思っている夢とか希望でなくても、こうなったらいいなーというのを目に見えるようにしておけばいつの間にか叶っていたりすることもあるので、心の中にしまってある望みを書き出すというのは意外と有効です。

さてどのように使うことになるでしょうか。乞うご期待。

カラフルなカバー付きもあるよ。

スポンサーリンク
レクタングル大